資格の取得で夢をかなえよう|幼稚園教諭になる方法も紹介

男の人

より深く幅広い学びが可能

保育園

保育と教育の両方を学べる

保育士になる方の多くが、短大や専門学校の出身です。そのような中で、四年制大学を選ぶメリットは、やはり専門性を高めたり、学びの幅を広げることができる点です。近年では、政府の政策で幼保一元化が推奨されています。現に、幼保園や認定こども園と呼ばれる施設では、幼保一元化が実現されています。こうした流れの中、保育士にも幼稚園教諭の免許が求められる傾向あります。大学では、幼稚園教諭の1種まで取得することができますから、より専門的な学びが可能です。さらには、最近では幼保だけでなく、小学校との連携も教育システム上、大きなテーマとなっています。小学校教諭の免許まで取得していれば、教育の専門家として認められます。そして、就職や待遇面で有利になりがちです。このように、大学では、保育と教育の両面からの学びが可能なのです。

現場で求められるスキルも

保育士の現場では、施設によっては、さまざまなニーズが求められます。例えば、臨床心理士をはじめとする、カウンセリングスキルのある人材が挙げられます。子どもだけでなく、保護者に対しても、子育て上カウンセリングを行うべきケースは少なくありません。このような場合に、適切に対応できる人材は、大きな価値を持ちます。また、特別支援教育教諭もあると優遇される免許です。発達障害を持つ子どもに対して、適切なフォローが可能だからです。さらには、近年では、保育園でも、英会話に力を入れる施設が増えています。このように、現場では、プラスアルファのスキルがあると、優遇されます。大学では、保育士だけでなく、このようなプラスアルファのスキルを学ぶことが可能です。