資格の取得で夢をかなえよう|幼稚園教諭になる方法も紹介

女の人

求められる資格

文房具

労働者の健康を守ることが衛生管理者の役割であり、複数人衛生管理者を定めることにより不測の事態も問題なく解決出来るでしょう。また、衛生管理者の資格を取得することで、病気に関する知識がつき、自らが健康や環境に対して取り組むことが可能となり、やりがいが得られるでしょう。

More...

より深く幅広い学びが可能

保育園

保育士になる方の多くは、短大や専門学校で学びます。大学で学ぶメリットは、より深く幅広い学びができることです。幼稚園教諭や小学校教諭の免許を取得すれば、保育と教育の両方を学ぶことが可能です。また、臨床心理士や、特別支援教育教諭、英会話など、持っていると現場で優遇されるスキルを学ぶこともできます。

More...

注目の資格の一つ

勉強

言語聴覚士になるには専門の学校に2年以上通う必要がありますので、働きながら取得するのは難しいので注意が必要です。1999年に誕生した新しい国家資格の一つであり、需要は高まっているものの現場では人手不足なので就職に有利になるとして人気の資格となっています。

More...

免許や学位を取得

男女

学ぶ内容の幅

幼稚園教諭一種免許状の取得には大学での学びが必須で、三歳から未就学児の保育と教育にあたることができます。遊びや音楽、運動などを通して情操教育を行うと共に、集団行動によって社会性も育む役割を幼稚園教諭が担うため、子供の心理に精通した専門家としての学びが必要と言えます。例えば、保育士の資格だけでは求めることのできない教職論や教育学概論、さらには幼児理解や保育相談などが学べるのも特徴です。また、通信制大学にて学ぶ場合にはテキストによる科目とスクーリング科目があり、大学内にて子供音楽や美術や体育など、一般教育科目だけに留まらない履修科目が展開されています。そのため、学ぶ内容のみならず、最短卒業を視野に入れる場合には学習スケジュールにも気を付ける必要が挙げられています。

学ぶ環境と入学時期

通信教育課程を設ける大学において、入学時期は年に一回であり、一度入学のタイミングを逃すと一年間待つことになりますが、年二回の入学時期を設ける大学選びで学ぶ意欲を保持したまま資格取得をスタートできます。教員免許においても幼稚園教諭一種免許状が取得可能で、例えば、元々教諭をしていたものの、ライフプランの変化によって教職を離れていた場合にも通信制であることにより、仕事や家庭、勉強を両立させることは可能となります。また、幼稚園教諭の免許を取得するには教育実習をはじめ、子供心理学部などでの学びが必要で、卒業までに必要な単位を修得し、一年次入学では最短四年で卒業することも可能です。教育系分野のみならず、様々なフィールドや活躍が想定できる資格でもあり、専門力が習得できます。